スイーツデコ

スイーツデコとの出会い!【簡単!格安!お手軽!】時間が無くても続けられる!

こんにちは!スイーツデコをなんとなく始めて、なんとなくゆっくりと続けられている主婦です。

主婦といっても3人の子育てと仕事をしています。子供もまだ小さいので、殆ど自分の時間もありません。

そんなときに「スイーツデコ」というものを知りました。

これから、気楽にスイーツデコをやってみたいという方、また、どんな風にスタートをすればよいのか迷っている方に、私のスイーツデコとの出会いをご紹介しながら、【初めの一歩】のお手伝いをしたいと思います。

スポンサーリンク




出会いはあのお姉さん!

みなさん、「おねんどお姉さん」ってご存知ですか??

教育テレビのEテレで「ニャンちゅうワールド」という番組内のコーナーで【おねんどお姉さん】のコーナーがあります。

ねんどに色を付けて「こねこね~こねこね~」と可愛いお姉さんが粘土をこねてミニチュアのもの作るという、小さいこども達のアイドル的存在の方がいました。

その名も岡田ひとみさんという、ねんど職人+アイドル=「ねんドル」と呼ばれていて粘土で様々なミニチュアの食べ物を製作するコーナーでした。

自分の子供たちも、粘土を触るのが好きなのでこのコーナーが大好きで、作ってくれと私にせがむこともありました。

粘土を触るのも何十年ぶりだろうか・・・。一緒に童心に返り、100均の紙粘土に色をつけて適当に作ってました。

ある日、そのおねんどお姉さんが、近所のモデルルーム会場でイベントをやるというので早速申し込みをしました!

屋外テントの下で、50人の子供たちを相手に、500円の参加費で粘土でオムライスを作ろう!というイベントでした。

予約の枠もあっという間に埋まり、その日は2回に分けてイベントが開催されたので、トータル100人もの子供たちが、集まりました!

おねんどお姉さんの人気も再確認できましたが、子供たちってこんなにも粘土が好きなんだーと再確認しました!

おねんどお姉さんのミニチュア→「スイーツデコ」

その後・・・

おねんどお姉さんとの出会いから、粘土で他にミニチュアの食べ物とかないかなぁ~となんとなくネットで調べたら【スイーツデコ】という名詞を見つけました!

樹脂粘土で色鮮やかに作られているスイーツやパフェなど、また、本物そっくりなフルーツやケーキ達!

本物そっくりだから、最近はフェイクスイーツとも呼ばれていますが、主に、デザート系に目がいき、まずはこれを真似てみようと思いました。

忙しく自分の時間がなく、趣味もほとんどなかった私でもちょっとだけ子供と一緒に作れば、私も子供たちも楽しめる!と思い、材料をまず集めてみました。

材料集め「粘土」と「絵具」だけ!

予算は抑えて、子供たちと楽しもう!と100均一で紙粘土と粘土を購入し、家でこねこねしました。

粘土と絵具があれば、すぐに始められるんです!

あとは自分の指で形を作っていくだけ。簡単です!

そこから、少しずつアイスをもっとリアルにするためには?マカロンって最近人気だな、などなどネットを見ると沢山の情報が溢れていました。

子育てをしていると、ネットを落ち着いて見る時間もない時もあります。

さささっと、自分がやりやすい方法で作っていったりしたました。

初めはきっちり材料を集める必要なんてないんです!

スポンサーリンク




まとめ

こども達が喜び、楽しんでる粘土遊び!

子供と一緒にスイーツデコを初めてみませんか?

家にあるものや100均一の店内を見渡すと、使えそうなグッズもでてきます。

今では、スイーツデコ用の沢山のパーツや材料も100均で手に入ります。

いずれはワークショップを開催してみたり、教室を開いてみたり、未来の選択枠も広がります!

ぜひ気楽に初めてみてください♪

 

 

スポンサーリンク