スイーツデコ

簡単に作れるスイーツデコ・本物のような【チョコポッキー】の作り方

こんにちは!

今日は、今にもとろけそうなリアル感たっぷりのチョコポッキーの作り方をご紹介したいと思います!

100均一にある材料で、簡単にできますよ!

スポンサーリンク




100均一の材料で簡単に本物のようなチョコポッキー!

①まずは100均一で材料集め

  • 樹脂粘土
  • 絵具(イエローウォーカー)又は黄土色
  • ウエットティッシュ
  • 100均のガラス絵具(茶色)
  • つまようじ
  • 洗濯バサミ

 

②おすすめの樹脂粘土(ハーティークレイホワイト白)

初めてだからお試しでスイーツデコを始めたいという方は、100均一の樹脂粘土でも始められますが、私は出来上がった時の質感や軽量感で、ハーティークレイの白粘土(樹脂粘土)を愛用しています。

オンラインショップで購入したのですが、200gの量で500円位でした!

③チョコソースは100均一にあるガラス絵の具が決め手!

ポッキーのチョコを表現するのに、100均一にある茶色のガラス絵の具は必要です!

このガラス絵の具がとろけそうなチョコソースになりますので!

簡単な【チョコポッキー】作り方

  1. つまようじに粘土を包み、細長くポッキーの芯のようになるよう板の上で転がします。
  2. その芯を2~3日乾燥させたら、(急いでいるときはドライヤーなど使いましょう)イエローオーカーをウェットティッシュに少しつけ、芯にポンポンと薄く色をつけます。※乾くと色が濃くなります。
  3. 絵の具が乾いたら、芯を持ち、茶色のガラス絵の具をたっぷりと塗ります。このガラス絵の具は乾燥すると艶が出て、とろけるようなチョコレートのようなリアル感を出してくれます。
  4. 乾燥させる時は、ドライヤーで乾かすか、または、洗濯バサミで持ち手の箇所を挟み、そのまま置いといて乾燥させます。乾けば完成です。

スポンサーリンク




まとめ

100均一にもある、ガラス絵の具は乾くと艶が出るので、茶色はチョコソースに使ったりすることも私は多いです。

最近はデコソースとしての茶色のクリームが、100均一にありますが、ガラス絵具の方がオススメです!

また、ストロベリーにしたいときは、白と赤のガラス絵の具を混ぜて、使って見ましょう!

乾いたら様子を見て、更に艶が欲しいときは、チョコレートにニスやトップコートを塗りましょう!

また、アーモンドチップを付けたい時は、イエローウォーカーで色付けした粘土を、細かくカットして、チョコソースが乾く前に乗せていきましょう。

その上から、ニスまたはトップコートを塗って、乾燥させます。

チョコポッキーはパフェを作った時に、クリームに挿したりすると、とってもキュートですよ!

ぜひ、お試しくださいね!

 

スポンサーリンク