ニュース

高校生ら20人に大麻を渡した元町議40代男は誰だ!若年層に広がる大麻

2019年12月7日までに、沖縄県で大麻取締法違反の疑いで、高校生ら未成年を含む約20人が摘発されていたことが分かりました。

この件に関して、町議の40代の男性が関与していた事がわかりました。

一体、この40代男性とは誰でしょう?

スポンサーリンク




高校生ら20人に大麻渡した福岡の町議40代男は誰だ!?

驚きのニュースです。

なんと、沖縄の高校生に大麻が渡っていたという事実。

これに関与していたのが、福岡県宇美町の元町議会議員の時任裕史容疑者(42)です。

時任裕史容疑者は、一定量の大麻を県内のバイヤーに売りさばき、そこから知人友人同士のつながりで拡散したとみられる。譲渡の際のやりとりで、会員制交流サイト(SNS)は主に使われていないという。

時任裕史容疑者は、麻取締法違反(譲渡)の疑いで2019年10月末に逮捕されてました。

どうやらその人物がこちらの方のようです。

時任容疑者は2014年に初当選し、世間ではこんなコメントも・・・。

「議会のなかでは若手だが、発言力があり、期待していた。驚きとともに、事実なら非常に残念だ」

すでに、この方は逮捕後に辞職届けを出しているようです。

期待されていたのですね・・・。

危険!若年層に広がる大麻

最近では、高校生にまで大麻などが蔓延してしまう事実に驚きです。

大麻使用のきっかけが「誘われて」「興味本位で」という気持ちから使ってしまう若者が多いそうです。

大麻の間違った情報が出回っているので、害がないと思ってしまうようです。

全くの嘘で、有害性や依存性などがあるので絶対使ってはいけないです。

スポンサーリンク




まとめ

高校生に大麻を渡していたのが、福岡県の元町議だったなんて衝撃です。

知識もあまりない若者に、大麻を渡してしまうなんて本当に許せませんね。

信じがたいニュースです。

スポンサーリンク