俳優

復帰が決定した小出恵介がミュージカルでゴミ人間に!ゴミ人間とはどんな姿?

俳優の小出恵介さんが、2020年9月にニューヨークで2年ぶりに芸能活動を再開することが報道されました。

なんと、ミュージカルでの復帰予定の事ですが、役は【ゴミ人間】。

一体、ゴミ人間とはどんな役の姿になるのでしょう。

スポンサーリンク




復帰が決定した小出恵介がミュージカルでゴミ人間に!

ニューヨークで修行してた!

小出さんといえば、過去に(2017年6月)17歳の女子高校生との飲酒及び不適切な関係を持ったことが報じられました。

小出さんが、報道の内容を認めた事から、当時の所属事務所『アミューズ』は小出さんの無期限活動休止を発表しました。

その女性とは示談が成立後、小出さんは1人ニューヨークに渡り、2018年10月に就労ビザを取得し、ニューヨークのアパートで1人暮らしを始めてました。

当時、代理人の弁護士を通じて、小出さんはこんなメッセージを残してました。

「誰も助けてくれない場所で自分を見つめ直し、俳優として一から訓練したかった。NYはエンタメの本場アメリカの中でも、世界中から強い信念を持った人が集まる活発な街。自分に合っていると思ったんです」。

初心に戻り、表現者としていつかは復帰することを考えていたんですね。

小出さんは、語学学校の最下級クラスに入学して基礎から英会話を学び、2019年1月からは演劇学校へ通ってました。

当時の小出さんは苦労が多かったようです。

「街で何の英語を話しても伝わらず、コーヒーもドーナツも買えず、地下鉄にも乗れませんでした」

「当初はレッスンの見学すらさせてもらえませんでしたが、少しずつ仲間に入れてもらうことができました」

そんな苦労をされて、頑張っていたのですね。

「えんとつ町のプぺル」での主演!

そんな中、演技や歌のレッスンを積む、ひたむきな姿が、ニューヨーク在住の日本人プロデューサーの目に留まったそうです。

その人に勧められて受けた、『えんとつ町のプペル』オーディションに合格しました。

『えんとつ町のプペル』とは原作が絵本でした。

その絵本が初ミュージカル作品として登場します。

全編が英語での公演になります。

2020年9月にニューヨークのオフ・ブロードウェーで上演後、ボストン、ワシントンを回るそうです。

こちらはブロードウェー。

オフ・ブロードウェーとは、比較的規模が小さい劇場の事です。

目安としては100席から500席未満との事。

そして、その後は日本を含むアジアツアーも計画中という事なので、これは楽しみですね。

その主演の『プペル』を小出さんが演じるのです。

そのプペルとはゴミ人間との事。

ゴミ人間とは一体どんな姿なのか気になります。

ゴミ人間とはどんな姿?

ゴミから生まれたゴミ人間!

2年ぶりの復帰の場所が、ミュージカルでの主演。

「えんとつ町のプペル」とは、お笑い芸人のキングコングの、西野亮廣さんの40万部突破した絵本です。

あらすじがこんな感じです。

煙突だらけの『えんとつ町』では、そこかしこから煙が上がり、頭の上はモックモク。 黒い煙でモックモク。 黒い煙に覆われた『えんとつ町』の住人は、 青い空を知りやしない。 輝く星を知りやしない。 そんな町に生きる親を亡くした少年ルビッチのもとにハロウィンの夜に現れたゴミ人間プペルのもとに起こる奇跡の物語…

小出さんが演じるプペルとは、ゴミから生まれたゴミ人間。

ゴミ山で生まれる。とってもきたない。とってもくさい。ゴミ人間。息がガスなのでぷかぷか浮く風船を作れる

なんだか、あまりいいイメージはありませんが、こんなキャラクターです。

こんな姿なんですね。

小出さんの身体に、沢山のこのようなゴミが巻かれて登場するのでしょうか。

小出さん自身、芸能界の再復帰のチャンスなので「とにかく頑張らねば」と気合を入れているようです。

スポンサーリンク




まとめ

2年ぶりの再活動となる小出恵介さんのミュージカルの『えんとつ町のプペル』

プペルとは、ゴミから生まれたゴミ人間でした。

ゴミ人間役のプペルを小出さんは演じます。

地道に、努力を積み重ねた結果が実を結びましたね。

2020年9月の復帰の公演、また、いつか日本にもやってくるかもしれない公演ツアーが楽しみです。

スポンサーリンク